トップページ別荘タイムシェア
売上高も、事業利益も、一戸分譲型
別荘の数倍にまで達します!

施設の運営費用も購入者が負担する維持管理費で賄えます!
「別荘タイムシェア」の主な特徴
● 米国でも売れ残った別荘をタイムシェアに転換したのが発展の始り。
● 1戸当たり52組、最大104組まで販売が可能です。
● 住戸内には、定員分の什器備品を完備します。宿泊料は全員無料です。
● タイムシェアなら数億円もの高級別荘も僅か1/52で購入できます。
● タイムシェアの売上・利益は一般的な別荘分譲方式の数倍に達します。
● 世界4,000カ所以上のリゾート施設との交換利用権利が付きます。
● 施設の維持管理は、購入者全員で負担する管理費で賄います。
● 維持管理費も分担金も、タイムシェアなら僅か1/52の負担で済みます。
● 不要時には一般的な不動産と同様に譲渡、相続が可能です。
● 所有権付きで販売すれば、消費者権利の保護も万全です。

タイムシェアなら、平均的な別荘でも
高級別荘並の価格で販売できます!**

タイムシェアなら、値下げ販売や値引き分譲とは無縁です!
タイムシェアの一般概念
1年間が52週間で構成されていることから、「52の週に分割したホテルやリゾートの客室の宿泊権利を1週間単位で購入販売」という極めて単純で明快な考えに基づく共有システムです。
一度購入すると以後その週は自分だけのものとなり、予約も宿泊料も無しで、毎年確実に利用できます。通称「タイムシェア」、公式には「バケーション・オーナーシップ」と呼ばれています。
ヨーロッパ生まれ、アメリカ育ち
米国「観光産業」の中でも一番の高成長を続けている世界標準型のリゾート共有システム「タイムシェア」は、1960年代中期にヨーロッパのスキー場で誕生した後、海を渡り、アメリカで大きく成長しました。
1984年にタイムシェア産業に参入したマリオットに続いて、1990年代にヒルトン、ディズニー、ウェスティン、シェラトン、ハイアット、フォーシーズンズ、ザ・リッツカールトンなど、世界的なブランド系ホテル企業が次々にこの産業に参入したことでタイムシェアの社会的地位は飛躍的に向上しました。
タイムシェアは不況に強い
もともとタイムシェアは不況に強い産業といわれ、70年代のオイルショックや90年代の湾岸戦争、そして9.11の時も発展し続けたことで、歴史的にもその実績が証明されてきました。
2008年のリーマンショックの年に歴史上はじめてのマイナス成長(-8%)を記録したものの、タイムシェアの需要はすぐに回復し、むしろ以前にも増して人生を楽しもうとする人たちでより活性化し、不況に強いこと改めて証明しました。
年率15%以上で成長中
現在では世界約100ヶ国に、タイムシェア施設数5,000カ所を超えるまでに普及し、世界で最も信頼性の高いリゾート共有システムとして高い評価を得ています。
世界最大のタイムシェア市場を形成するアメリカでは、同国第2位を誇る観光産業の中でも一番の高成長を続けており、その成長率は毎年15%を上回っています。
タイムシェアは、基本的に不要不急の贅沢品ですが、一度その利便性を経験すると手放せなくなる不思議な魅力があり、わが国でもハワイ好きの旅行者の間で爆発的な広がりをみせています。
世界が改良を重ねた完成度の高いシステム
タイムシェアが誕生してから50年以上もの長きにわたって世界中で紆余曲折を経ながら改良を重ね、現在のような完成度の高い、安定したシステムが構築されました。
タイムシェアは、現在のシステムが事実上の世界標準となっています。
タイムシェアの権利と種類
タイムシェアには実に様々な種類がありますが、大別すると、「権利タイプ」と「週タイプ」に分けられます。
まず、タイムシェアの権利については、不動産権利のついた、いわゆる「所有権タイプ」と数十年間の期限付きの「利用権タイプ」があります。
わが国の定期借地権のようなタイプもありますが、性格としては消費者権利の保護を目的としているため分類上は「利用権タイプ」に属します。タイムシェアの本場であるアメリカでは全体の75%以上を「所有権タイプ」が占めています。

もう一つの分類としては、購入時に予め利用時期を特定できる「固定週タイプ」と利用の都度、都合の良い時期を予約できる「浮動週タイプ」があります。
また最近では、各事業者が独自に開発したポイントプログラムを活用して、週単位の利用に限らず、一泊から利用したり、部屋の大きさや利用するリゾート施設そのものを変更したりできるポイント制を併用して、より柔軟な利用サービスを提供している事業例が増えています。
施設の運営費、管理費は「年間維持管理費」で賄う
一般的にタイムシェア施設の維持管理費用は、施設内の設備や庭園などの維持費、長期修繕積立金、水光熱費、清掃費、固定資産税などを含めて、タイムシェアの購入者全員が負担する維持管理費で賄います。
従って、ゴルフ場のコース・メンテナンス費用やクラブハウスの営繕費用などをタイムシェアの維持管理費で補完することはあっても、ゴルフ場営業の収益をタイムシェアが圧迫することはありません。
顧客はそれぞれ購入した週数に応じて所定の年間維持管理費(施設運営費)を負担することが義務付けされており、万一、維持管理費に過不足が生じた時は次年度に調整されます。施設運営は、購入者全員で組織する管理組合が専門業者に委託する形態となりますが、現実には事業者自らが運営権を保持するのが一般的です。
タイムシェアは合理的で経済的
消費者側にとっても、世界共通規格による信頼性の高いリゾート・システムですから、安心してお求めいただけます。しかも希望の利用時期や部屋タイプ、週タイプを予め任意に選択して必要な期間だけを購入できますので、大変合理的です。
しかも、宿泊時の利用料は完全無料。その都度宿泊料を支払う一般的なホテル利用と比べてもその経済性に疑問の余地はありません。
世界中のタイムシェア施設を宿泊費無料で利用できる
購入者には世界中のリゾート施設との交換利用権利を付与します。
一定の基準を満たしたタイムシェア施設は、世界最大のリゾート交換利用斡旋機構「アールシーアイ社」又は「アイアイ社」などのリゾートネットワークへの加盟が可能となります。
いずれかの交換利用斡旋機構へ加盟が認められた場合、購入者も自動的に交換機構の会員として登録されますので、都合で自分の購入した週に行けない年や、たまには海外のリゾートや他の場所のリゾートなどにも行ってみたいときには、有名ホテル企業が展開するリゾート施設を含む世界2,000ないし、4,000ヶ所ものタイムシェア施設を宿泊費無料で交換利用できる特典が与えられるのです。
つまり、タイムシェアの購入者は購入物件の利用だけでなく、世界中のリゾートの無料宿泊権利も同時に得られるのです。これもタイムシェアが支持される大きな魅力の一つとなっています。
日本人にも人気のタイムシェア
タイムシェアは、その開発適地とされるフロリダやラスベガス、ハワイなど、ワールドクラスのリゾートを擁するアメリカでの発展が特に顕著で、とりわけ日本人に人気の高いハワイのタイムシェアは、3.11(東日本大震災)以降も引き続き活況を呈しています。
ハワイでタイムシェアを展開しているマリオットやスターウッド、ヒルトン、ウインダムに続き、2013年4月にオアフ島コオリナにディズニー・バケーション・クラブ(840室:ホテル359室/タイムシェア481室)がオープンしたことで、リゾート・タイムシェアはますます注目を集め、拡大の一途を辿っています。
強固な財務基盤を構築できる
長引く不況の影響で、ますます拍車がかかる分譲価格の低価格化や販売コストの負担増など、別荘販売事業の収益を圧迫する要因も少なくありませんが、激変する経済情勢、そして地震、津波等の自然災害、原発事故による放射能汚染やその風評被害などもまた販売を減速させる新たな驚異となっています。
しかし、タイムシェア施設に転換することで、開発コストも施設管理もその殆どがタイムシェアの売上と維持管理費用で賄えますので、別荘販売を取り巻く予測不可能な外的要因にも影響されにくい強固な財務基盤を構築することが可能になります。
「別荘タイムシェア」の実施フロー(例)
タイムシェア事業の「ここが知りたい」申込書
Copyright 2017 Timeshare Communications, Inc. All Rights Reserved.
タイムシェア・コミュニケーションズ株式会社