タイムシェア・コミュニケーションズ
タイムシェアは、リゾートの部屋の1年を52週に分割した専用のカレンダーの中から「1週間」を購入するという仕組みです。タイムシェアは従来のように一戸建ての別荘やコンドミニアムを一戸まるごと購入するような高額な費用は不要です。個人所有の別荘などの場合は到着後にまず掃除から始めるといった手間がかかりますが、タイムシェアなら年間の維持管理費用をご負担いただくだけで、そのような面倒なメンテナンスの心配からも解放されます。
一戸分譲型別荘とタイムシェア型別荘の仕組み
一般的なタイムシェアには、不動産の共有持分がついていますので相続・贈与はもちろんのこと、通常の不動産のように第3三者に転売することも可能です。また、欧米では財産保全のために関係当局に正式に登記されるのが一般的で、公式な所有権の権利証も発行されます。
通常、タイムシェアリゾートは世界的なリゾート交換斡旋機構と提携しているのでそれぞれのデベロッパー及びリゾートが提携する世界各地のリゾートと交換利用することも可能です。つまり今年は購入したホームリゾートへ、来年はゲストとしてヨーロッパやアジアのリゾートへ、という利用方法も可能です。当サイトでは、皆様にこのタイムシェアの素晴らしさをご紹介するともに、タイムシェア物件のご案内、ご購入及びご利用のお手伝いをしています。
A:タイムシェアを購入していただいたオーナーがホームリゾートを利用される場合、原則として利用料は発生しません(これが日本の会員制クラブとの大きな違いです)。但し、国や地域によっては宿泊税が必要な場合もあります。また、レストランや電話、その他滞在中のレンタル品は利用者の負担となります。
A:ご購入いただくタイムシェア・リゾートのほとんどは、管理組合が設置され、管理組合から委託を受けた専門の管理会社が専用部分及び、共用部分の維持管理を行います(通常は開発デベロッパーが維持管理を行うのが一般的です)。そのためタイムシェアオーナーは、所有する期間に応じた維持管理費や年会費などを負担します。オーナー全員が同様に負担しますので維持管理費も格安ですみます。(施設によって異なります)
A:毎年の利用時期を固定してお求めいただける固定週方式と、毎年の休暇の都合にあわせてその都度予約をして利用する浮動週タイプがありますが、浮動週の場合は事前に予約が必要です。また、固定週をお持ちの方もその年の利用確認のために予約係に連絡をすることが必要です。
A:都合によりその年のリゾート利用が困難な場合は権利を翌年に繰り越したり、ポイントシステムを採用しているリゾートの場合は同じ系列のホテル宿泊・クルーズ旅行・レンタカーに利用したり、賃貸に出したりすることも可能です。(施設によって異なります)
A:通常、タイムシェアの購入単位は1週間単位となっていますので、それ以上の滞在をご希望の場合は基本的に追加購入が必要となります。ただし、前年から繰り越した権利を利用し延泊することが可能です。また、一部の施設では2つのベッドルームを分割して利用(ロックオフ・システムまたはコネクト・ルームと呼ばれる)することにより1つのベッドルームに1週間、もう1つのベッドルームに1週間合計2週間滞在するという方法もあります。
特定のホーム・リゾートはなく、利用権によるリゾートクラブ。通常は毎年付与されるポイントに応じて様々な宿泊プランを立てられるのが特徴。
タイムシェアの基本形で1週間単位での物件購入・分割所有が可能。毎年そのリゾートのオーナーとなり、所有権登記や相続が可能なものが多い。
主に3週間以上の、まとまった週単位で販売されるタイムシェア・プログラム。長期滞在や企業の保養施設としても人気が高い。
一戸分譲型の住宅。ホテル並みのサービスが受けられる点が一般的な別荘と異なる。
マリオット・バケーション・クラブ-アジア・パシフィック
ヒルトン・グランド・バケーション・クラブ(ハワイ島)
ヒルトン・グランド・バケーション・クラブ(オアフ島)
マリオット・バケーション・クラブ(オアフ島)
Copyright 2017 Timeshare Communications, Inc. All Rights Reserved.
タイムシェア・コミュニケーションズ株式会社