タイムシェアは、世界90数カ国で展開されている"グローバル・スタンダード"のリゾート共有システムです。 収益率が極めて高いことから、収益構造の抜本的な見直しが急務となっているホテル企業やリゾート・デベロッパーにとっては、経営戦略上の重要な指針となりつつあります。 また、外資系投資会社の新規参入計画や日本版REIT(不動産投資信託)の可能性についての研究もすすめられています。

タイムシェアの持つその高いポテンシャルは、とりわけリゾート関連の不良債権(買い取り後の二次損失処理)や時価会計導入時における「時価」と「簿価」との差額(評価損)の解消、累損・有利子負債の圧縮などにも有効と考えられています。

本サイトでは、これからのリゾート(宿泊)産業の主流になると期待されているこの世界標準型リゾート所有システム「リゾート・タイムシェア」、別名「バケーション・オーナーシップ・システム」の概念を解説しながらその魅力を紹介しています。
米国・観光産業の中で一番の高成長を続けているリゾート・タイムシェアリング。
1960年代中期に登場して以来、もっとも信頼性の高いバカンス・ツールとして瞬く間に世界各国へ普及し、今日ではマリオットやディズニー、ハイアット、フォーシーズンズ、シェラトン、ウェスティン、ヒルトンなど、世界中のブランド系ホテル企業も次々にこのタイムシェア産業に参入しています。
タイムシェア・ビジネスは、従来型のリゾート開発事業や別荘分譲方式に比べて、極めて収益性が高いことから、収益構造の抜本的な見直しが急務となっているリゾート関連企業や過大な初期投資を必要とするホテル企業にとっては、経営戦略上の極めて有望な指針となります。
また、累損・有利子負債の圧縮はもとより、減損会計や時価会計導入時における評価損の解消にもその高いポテンシャルが期待されています。
今日、わが国の宿泊・旅行産業の質的向上と健全なマーケットの成長を促進するには、世界標準型のリゾート共有システム「バケーション・オーナーシップ」の導入が有効です。
世界中のタイムシェアを知り尽くしたエキスパートが、タイムシェア・リゾート参入の「ワンストップ・ソリューション」を提供します。
Copyright 2017 Timeshare Communications, Inc. All Rights Reserved.
タイムシェア・コミュニケーションズ株式会社