トップページ旅館タイムシェア
「旅館タイムシェア」が
ホテル旅館の収益構造を変えます!

経営環境の変化に強く、送客システムに依存しない施設運営!
「別荘タイムシェア」の主な特徴
● タイムシェアは世界5,000ヶ所以上の宿泊施設で導入されています。
● 数十年先までの宿泊予約が確定し、代金も一括前受けができます。**
● 基本的に通常営業のままで導入可能です。
● 対象客室当たり52組、最大104組まで顧客登録が可能です。
● 連泊、長期滞在により飲料部門の売上・収益も向上します。
● 客室が通年高稼働し、地域の活性化にも貢献できます。
● 纏まった額の前受金が累損解消、有利子負債低減に寄与します。
● 自然災害や伝染病などの影響を受けない強い財務基盤をつくります。
● 世界数千ヶ所のリゾートを擁するネットワークに加盟できます。
● 施設特性や地域性、個別事情に合わせた独自設計が可能です。

数十年先までの予約と室料収益を
一括前受けできます!**

低価格競争から脱却し、高収益事業へ転換できます!
ホテル・旅館は在庫がきかないビジネス
宿泊産業は労働集約型の装置産業であり、一般の商品と違って、在庫がきかず、臨機応変には商品(客室)の増減調整すら困難な産業構造となっています。
特に固有の送客システムに依存している現状では、客室販売の有無や数量の多少に関わらず、継続した営業体制が求められるため、利益の内部留保もすぐに取り崩しを余儀なくされてしまいます。
結果として、閑散期になると事業者は毎年毎年、大きなストレスを経験することがまるで年中行事のように常態化しているのです。
経済や社会情勢の影響が顕著
宿泊産業界は、外的要因によりその収益性が大きく左右される産業でもあります。
昨今のような不安定な社会情勢、景気低迷で長期化する消費不況、異常気象や火山噴火による交通麻痺や空港閉鎖、新型インフルエンザやウィルス拡散防止の為の行動範囲規制、世界中を震撼させた東日本大震災や津波などの自然災害、またそれらを起因とした原発事故による放射能拡散被害及びその風評被害など、突発的なものから複合的なものまでを合わせると、わが国の宿泊産業界を取り巻く外的リスク要因の枚挙には暇がありません。
宿泊業界のアキレス腱
「割引表示のための基準値」と揶揄されるまでに形骸化したタリフの存在意義や安売り競争に端を発する常連客の客離れも深刻な問題として受け止めなければなりません。
"空気を泊めるよりはマシ"との考え方に基づいた廉価販売やフラッシュ・マーケティング(クーポン販売)への参加、一極集中が顕著な海外顧客誘致への方向転換などもまた収益圧迫の隠れた要因といわれています。特に海外市場については、政治的問題や為替の変動などによる市場崩壊や訪日そのものが困難になりかねないことを再度肝の命じておく必要があります。
ホテル旅館業界のアキレス腱とも称される外部送客システムへの依存度の高さやネットエージェントなどの送客コスト増。ますます拍車がかかる低価格競争や軽視できないカード決済手数料など、収益を圧迫する種々の要因を認識しつつ、健全な施設経営実現のために、有効な改善策を講じる必要があります。
成功者も脱落者も生まない「隣り百姓」思考との決別
「旅館タイムシェア」は、宿泊産業界に将来起こり得る不測の事態への対応と収益構造の抜本的改革のために、欧米型タイムシェア(バケーション・オーナーシップ)を原形に開発されたプリペイド型プログラムであると換言できます。
今後何十年も先までの「宿泊予約」と、「室料収益の一括前受け」が可能となりますので将来、ホテル・旅館を取り巻く社会環境に大きな変化が生じても、経営への損害が少ないばかりか、むしろ室料前受けによる収益分を累損の解消や過大な投資によって生じた有利子負債の削減等に充当することで、より安定した経営が可能になります。 導入後は毎月の稼働率や送客量の心配からも開放され、お客様へのサービスやおもてなしに専念できますので顧客満足度の向上にも繋がります。
このように予測できない市場の変化や多様化する今日の消費者ニーズに対応するためには、伝統的な「右へ倣え方式」、つまり「隣り百姓」的な経営指針を見直し、より積極的な経営戦略に転換することが必要不可欠です。
旅館タイムシェア導入の好機
リゾート先進国である欧米での発展は言うに及ばず、東南アジアでも急速に普及しつつある「リゾート・タイムシェア」は、ヒルトン、マリオット、ウエスティン、シェラトン、ハイアット、フォーシーズンズ、そしてリッツカールトンなどの大手ブランド系ホテル企業の参入や滞在型リゾートの最高峰ウォルト・ディズニー社の参入などによりますますその市場は拡大しています。
多少の稼働率向上や収益率の改善だけでは解決困難な財務問題や顧客満足度の向上、リピーターの獲得など、経営の根幹に関わる諸問題までをも一気に解決可能な世界標準規格の「旅館タイムシェア」は、観光立国を目指す政府の基本方針とも合致する画期的な事業再生ツールであり、国を挙げてデフレ脱却に動きだした今こそが、まさに「旅館タイムシェア」導入の好機といえます。
タイムシェアは合理的で経済的
消費者側にとっても、世界共通規格による信頼性の高いリゾート・システムですから、安心してお求めいただけます。しかも希望の利用時期や部屋タイプ、週タイプを予め任意に選択して必要な期間だけを購入できますので、大変合理的です。
しかも、宿泊時の室料は完全無料。その都度宿泊料を支払う一般の宿泊ゲストと比べてもその経済性に疑問の余地はありません。
世界中のタイムシェア施設を宿泊費無料で利用できる
購入者には世界中のリゾート施設との交換利用権利を付与します。 一定の基準を満たしたタイムシェア施設は、世界最大のリゾート交換利用斡旋機構「アールシーアイ社」又は「アイアイ社」などのリゾートネットワークへの加盟が可能となります。
いずれかの交換利用斡旋機構へ加盟が認められた場合、購入者も自動的に交換機構の会員として登録されますので、都合で自分の購入した週に行けない年や、たまには他の場所の温泉リゾートや海外のリゾートなどにも行ってみたいときには、有名ホテル企業が展開するリゾート施設を含む世界2,000ないし4,000ヶ所ものタイムシェア施設を宿泊費無料で交換利用できる特典が与えられます。
つまり、タイムシェアの購入者は購入物件の利用だけでなく、世界中のリゾートの無料宿泊権利も同時に得られるのです。 これもタイムシェアが支持される大きな魅力の一つとなっています。
日本人にも人気のタイムシェア
タイムシェアは、その開発適地とされるフロリダやラスベガス、ハワイなど、ワールドクラスのリゾートを擁するアメリカでの発展が特に顕著で、とりわけ日本人に人気の高いハワイのタイムシェアは、3.11(東日本大震災)以降も引き続き活況を呈しています。
ハワイでタイムシェアを展開しているマリオットやスターウッド、ヒルトン、ウインダムに続き、2013年4月にオアフ島コオリナにディズニー・バケーション・クラブ(840室:ホテル359室/タイムシェア481室)がオープンしたことで、リゾート・タイムシェアはますます注目を集め、拡大の一途を辿っています。
強固な財務基盤を構築できる

長引く不況の影響で、ますます拍車がかかる利用料金の低価格化や集客コストの負担増など、旅館ホテルの収益を圧迫する要因も少なくありませんが、激変する経済情勢、そして地震、津波等の自然災害、原発事故による放射能汚染やその風評被害などもまた宿泊業の新たな驚異となっています。
しかし、タイムシェアプログラムを導入することで、施設の運営費の殆どをタイムシェアのプリペイド売上と維持管理費用で賄えますので、宿泊業を取り巻く予測不可能な外的要因にも影響されにくい強固な財務基盤を構築することが可能になります。


「旅館タイムシェア」の実施フロー(例)
タイムシェア事業の「ここが知りたい」申込書
Copyright 2017 Timeshare Communications, Inc. All Rights Reserved.
タイムシェア・コミュニケーションズ株式会社