トップページゴルフ・タイムシェア & スキー・タイムシェア
「タイムシェア・ヴィラ」の併設で
長期滞在型総合リゾート施設へ!

固定客の獲得、来場者の増加、リピート頻度の向上に!
「ゴルフ(スキー)タイムシェア」の主な特徴
● 基本的にタイムシェア販売の対象となる宿泊施設が必要です。
● 一戸当たり52組、最大104組まで販売ができます。
● 販売時に数十年先まで来場予約が確定します。
● 連泊、長期滞在により飲料部門の売上・収益が向上します。
● 客室が通年高稼働し、料飲やアトラクションなどの売上が向上します。
● タイムシェア売上分は開発費、累損、有利子負債低減等に充当できます。
● 自然災害や伝染病などの影響を受けない強い財務基盤をつくります。
● 世界数千ヶ所のタイムシェア施設が宿泊費無料で交換利用できます。
●同上、世界中のゴルフリゾート&スキーリゾートにも無料宿泊が可能。
● コース併設の既存施設(コテージ、ホテル)もタイムシェアに転換可能。

ジュニア・ゴルファー(スキーヤー)の
取り込み、囲い込みに弾み!**

親子ゴルフ(スキー)、ジュニアゴルフ(スキー)の拠点に!
タイムシェアはリゾート事業の成長戦略に最適なツール
多くの場合、経営戦略策定の際には、不採算施設に対する雇用調整や料飲メニューの改善、第三者への運営委託、利用料金の引き下げなどいわゆる、緊縮型の手法で収益向上をはかるのが常套手段となっていますが、より積極的な事業展開や他施設との圧倒的差別化をお考えの場合は、この「タイムシェア」というリスクヘッジ型の事業ツールが最適です。
特に、近年増加傾向にある親子ゴルフや親子スキー、キッズゴルフやキッズ・スキーなど、新たな顧客層の取り込みや春休みや夏休み、冬休みなどの合宿の拠点としては最適なツールといえます。
宿泊費は無料でも、施設の売上は増加
利用時の宿泊料は一般的な別荘所有と同様に「無料」になりますが、ゴルフのプレー料金またはスキーのリフト券売上、クラブハウスでの食事、ショップなどの売上が見込めます。
購入者は、年間の維持管理費(年会費)を負担するだけで面倒なメンテナンスの心配からも解放され、ゴルフやスキー、フィッシング、ショッピング、周辺観光、温泉、エステ、そして四季折々の料理など、家族や友人との余暇を存分に楽しめます。
ゴルフ三昧、スキー三昧のライフスタイルが実現
滞在型のゴルフプランを提供する施設も幾つかありますが、そのいずれもが、会員制(入会金や預託金方式)の宿泊施設を利用したり、併設のホテルなどを宿泊料を払って利用したりするスタイルです。これらのプランと私たちの提唱するゴルフ(スキー)タイムシェアとの主な違いは、まず@第三者の所有する宿泊施設を有料で借りるか、それとも自分の所有する別荘を無料で使用するか、という点。さらにA入会した施設(姉妹施設を含む)のみ利用できるか、或は国内の温泉リゾートやゴルフリゾート、スキーリゾートを含む世界約4,000カ所ものリゾート施設を利用できるか(宿泊料無料)という違いです。
とりわけゴルフのメインターゲット層は、経済的な余裕もあり、また時間も比較的自由に使えるため、中長期の滞在型ゴルフの潜在的需要はもちろん、余暇活動人気ナンバーワンの国内旅行や海外旅行に対する需要も根強いものがあり、世界中に広がるリゾートネットワークを活用して夢のライフスタイルを実現できるゴルフ(スキー)タイムシェアに対する支持は圧倒的で揺るぎないものと考えます。
預託金償還財源・累損解消・有利子負債削減に充当
タイムシェアの最も大きな特徴は、収益性が極めて高いことです。欧米ではゴルフコースやリゾートホテルなどの開発資金の早期回収や事業リスクの低減策としてほとんどのリゾート開発プロジェクトで導入されています。
わが国では、ゴルフ(スキー)人口の減少が懸念されるゴルフ(スキー)業界や収益構造の抜本的な見直しが急務となっているリゾートホテル、温泉旅館をはじめ、好景気時の過大な設備投資に加えて、資産デフレによる減損が重荷となっているリゾート企業にとってもタイムシェアは経営戦略上の極めて有望な指針となります。
またタイムシェアは、累損の解消や有利子負債の圧縮にもその高いポテンシャルを発揮できますので、特にゴルフ場事業者の頭痛の種ともなっている「預託金償還問題」の解決やコースメンテナンスの費用、公租公課の負担などの面においても大きく貢献し、安定した施設運営をもたらします。
通年高稼働が実現

タイムシェアを導入することで、ゴルフ場内には常に大勢のゴルフ好きのゲストが滞在していますので、ゴルフ会員による当日の予約キャンセルが発生した場合でもすぐに現地手配で埋められるため、プレーに空きが無くなり、通年フル稼働が実現します。
付帯施設としてショップや料飲施設、プールなどのアトラクションを拡充すれば、家族連れのゴルフ会員の来場も増え、またリピート率も増えます。同時に場内消費による売上も飛躍的に向上します。


タイムシェアはサービス業
タイムシェア産業界への参入に当って、気をつけなければならない点は、タイムシェアは不動産開発を伴いますが不動産事業ではないということです。
ホスピタリティ産業、いわゆるサービス業に分類されます。この点が、「売ったら終わり」の不動産事業とは、根本的にその性格を異にする点です。特に、接客やおもてなしのプロであるホテル旅館をはじめ、ゴルフ場やスキー場のような滞在用の施設を併設可能な事業者にとっては最適な事業形態といえます。
タイムシェアは合理的で経済的
消費者側にとっても、世界共通規格による信頼性の高いリゾート・システムですから、安心してお求めいただけます。
しかも希望の利用時期や部屋タイプ、週タイプを予め任意に選択して必要な期間だけを購入できますので、大変合理的です。
しかも、宿泊時の利用料は完全無料。その都度宿泊料を支払うホテルの利用や従来の会員制リゾートなどと比べてもその経済性に疑問の余地はありません。
世界中のタイムシェア施設を宿泊費無料で利用できる
購入者には世界中のリゾート施設との交換利用権利を付与します。 一定の基準を満たしたタイムシェア施設は、世界最大のリゾート交換利用斡旋機構「アールシーアイ社」又は「アイアイ社」などのリゾートネットワークへの加盟が可能となります。
いずれかの交換利用斡旋機構へ加盟が認められた場合、購入者も自動的に交換機構の会員として登録されますので、都合で自分の購入した週に行けない年や、たまには他の場所の温泉リゾートや海外のリゾートなどにも行ってみたいときには、有名ホテル企業が展開するリゾート施設を含む世界2,000ないし4,000ヶ所ものタイムシェア施設を宿泊費無料で交換利用できる特典が与えられます。
つまり、タイムシェアの購入者は購入物件の利用だけでなく、世界中のリゾートの無料宿泊権利も同時に得られるのです。 これもタイムシェアが支持される大きな魅力の一つとなっています。
日本人にも人気のタイムシェア
タイムシェアは、その開発適地とされるフロリダやラスベガス、ハワイなど、ワールドクラスのリゾートを擁するアメリカでの発展が特に顕著で、とりわけ日本人に人気の高いハワイのタイムシェアは、3.11(東日本大震災)以降も引き続き活況を呈しています。
ハワイでタイムシェアを展開しているマリオットやスターウッド、ヒルトン、ウインダムに続き、2013年4月にオアフ島コオリナにディズニー・バケーション・クラブ(840室:ホテル359室/タイムシェア481室)がオープンしたことで、リゾート・タイムシェアはますます注目を集め、拡大の一途を辿っています。
強固な財務基盤を構築できる
長引く不況の影響で、ますます拍車がかかる利用料金の低価格化や集客コストの負担増など、ゴルフ場やスキー場の収益を圧迫する要因も少なくありませんが、激変する経済情勢、そして地震、津波等の自然災害、原発事故による放射能汚染やその風評被害などもまた業界の新たな驚異となっています。
しかし、タイムシェア施設を併設することで、開発コストも施設運営費もその殆どをタイムシェアの売上と維持管理費用で賄えますので、ゴルフ場やスキー場経営を取り巻く予測不可能な外的要因にも影響されにくい強固な財務基盤を構築することが可能になります。
「ゴルフ(スキー)タイムシェア」の実施フロー(例)
タイムシェア事業の「ここが知りたい」申込書
Copyright 2017 Timeshare Communications, Inc. All Rights Reserved.
タイムシェア・コミュニケーションズ株式会社